ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ 2010年09月19日
FC2ブログ
2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.09.19 (Sun)

劇団四季 クレイジー・フォー・ユー

昨日は京都まで、劇団四季の『クレイジー・フォー・ユー』を観に行きました

主役のボビー役は、私も結構好きな荒川さん オチャメです

タップがふんだんに盛り込まれたダンスは、見ていてとっても楽しいんですね~

ポリー役の木村さんも、やっぱり綺麗な声で羨ましい…

ガシューウィンの聞き覚えのある曲が使われているので、観劇後はしばらく口づさんで

しまいます…頭の中をグルグルグルグル回ってるんです(笑)

何回かある、ボビーとガールズたちが歌うシーンが好きです

あと、ザングラーとボビーの2人のザングラーのシーンは、かなり笑えて楽しい

ミュージカルが苦手な人でも、これなら楽しんで観れるんじゃないかなぁと思います

”ミュージカルコメディ”とうたっているだけあって、笑いの要素もいっぱいなので、

気楽~に観れるのもイイところですね

Image0281_20100919170537.jpg

劇団四季では、”関西ハシゴキャンペーン”というのをしていて、

期間中に『ウィキッド』『コーラスライン』『クレイジー・フォー・ユー』の3作品を

観ると、オリジナルのグッズをもらえるんです

で、昨日もらってきたのがコチラ 友達のと2人分です

なかなか大きめマグネット かわいいですよね

Image0291_20100919170547.jpg

観劇の後は、夜ご飯 ”かんじん堂”というお店に入ってみました

ゆず切塩ラーメン 麺に柚子が練り込んであるみたいでした

だから口の中でふわっと柚子の香りがして、さらにアッサリ感じました

東寺揚げという、海老の湯葉包み揚げが入っていて、それもとっても美味

和風だしなので、おうどんみたいな感じなのかも…うん 美味しかったです~

Image0271_20100919170557.jpg

土曜日は仕事なので、2連休な訳ですが、それでも気分的にはとってもラク

今日もちょっとゆっくりしてしまいました… 幸せ~

来週の長崎旅行に向けて、しっかりパワーを蓄えておこうと思います

blogram投票ボタン
スポンサーサイト



EDIT  |  17:36  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.19 (Sun)

ステラ&TVガイド&今日のましゃ

NHK ウィークリーステラ 

”〈龍馬伝〉 福山雅治 × 〈ゲゲゲの女房〉 松下奈緒”

約1年、NHKに通いながら、実は話す機会がなかった2人だそうです

Image029_20100919154319.jpg

〈龍馬伝〉のスタジオは、コーンスターチまいたり、スモーク炊いたりで

本当にモクモクなので、煙が〈ゲゲゲ〉のスタジオにいって

迷惑をかけているんじゃないか、と負い目があったというましゃ

松下さんに聞くと、「確かにたまに煙が漂ってくることはありました」とのこと(笑)

Image030_20100919154333.jpg

お互いのドラマにもし出演するなら…という質問には…

ましゃは『そりゃぁもう”ゲゲゲの旦那”に決まってますよ(笑)』

松下さんは『龍馬の女房に…』と答えた2人。

『”ゲゲゲの龍馬”と”龍馬の女房”』って笑ってました(笑)

『”ゲゲゲの女房”は静かで穏やかで丁寧で、濃密な作品ですよね。こちらはいつも

ワーワーで、汗ギトギトなんで、正反対』というましゃに対して、松下さんは

『”龍馬伝”を見ていると、当時の人々の勢いと、俳優さんたちの思いが伝わってきます。』

『走ったり叫んだり泣いたり、それぞれの感情がはっきり出ているのが、見ていてとても

清々しくて爽快な気分になります。ときどき夫婦の話や、男女の思いが描かれているので、

女性はそういうところにも引き込まれると思います』と話していました

Image031_20100919154342.jpg

共にミュージシャンの顔を持つ2人なので、どのように曲を作るか、テーマを決めるか

などの話も、興味深かったですね

音楽とお芝居で、アプローチの違いがありますか という質問には、

2人ともが『感情の持っていき方が難しい』と話していました

ましゃは『”龍馬伝”は長いシーンがあるので、とにかく最初は全体的な流れを把握して、

台詞を覚えて動きを合わせて…どこがサビなのかを考える』んですって

Image032_20100919154357.jpg

ステラでは、霧島ロケリポートも載せられていましたよ

『龍馬とお龍、高千穂峰の頂を目指して』

朝の5時から、10時間以上をかけて登山ロケが行われたそうです

Image033_20100919154409.jpg

標高が高くなるにつれて、徐々にこう配は急になるそうですが、日頃から

体力づくりを欠かさないましゃは、余裕の表情 さすがましゃです

真木さんを気遣って険しい道では手を差し伸べ、『岩場を歩きや』とアドリブまで

Image034_20100919154416.jpg

ましゃは、カメラの回っていない間も、草履のままで登山していたそうですよ

崖のような急斜面もあったそうなので、ましゃの気合が伝わってきますよね

ましゃの気持ちがたくさんこもった、この回…心して観たいと思います

Image035_20100919154430.jpg

霧島ロケを終えて…ましゃと真木さんのインタビュー

『実際に龍馬さんが通った道をたどるわけですから、セットとは違って、

なんとも感慨深い体験でした。龍馬さんはこの道なき道を、お龍さんとともに

登ったんだなぁと、そんなことを思いながら撮影しました。

この大変な道のりを歩いたお龍さんは、やっぱり頼もしかったと思いますよ。

女性ならではの強さを持つ、非常に魅力的な人だったんだろうなぁと思います。

〈龍馬伝〉のことで言うと、この時の龍馬さんには、はがゆさがあったと、思うんです。

いよいよ日本が変わっていこうとする、まさにその時、自分は身を潜めて

療養していなければならなかったわけですから。

でもただそこでじっとしているだけではないのが龍馬さんらしいところで、

悔しさはありつつも、その時間を有効に使う。

2人には本当に特別な時間だったんだと思います。』と語ったましゃでした

Image0361_20100919154459.jpg

以前にもこの高千穂峰に登った真木さんですが、

『以前登った時は、”真木よう子”としてでしたが、今回は劇用の扮装をして、

横には龍馬さんがいて”お龍”として登ったので、景色の見え方や感覚が違って、

不思議だなぁと思いました』と語っていました

『2人で幸せな時間を過ごせるのはこの時までで、この先、龍馬さんは大きな夢に

立ち向かっていきます。長崎で1人で待っているお龍さんとしては、会えない時間が

増えて寂しいのですが、龍馬さんの意思を一番理解し、尊重しているのもお龍さんです。

ずっと愛して待っている彼女の複雑な気持ちを演じることができたらなと思っています』

とも語っていました

Image0371_20100919154512.jpg

TVガイド   龍馬伝たいむず 第参拾七号 

Image026_20100919164107.jpg

とうとう39話からは、ファイナルシーズンに突入ですねっ

幕府軍vs長州+亀山社中軍の戦いが始まります

戦いを前にした緊張感に満ちたシーンの撮影前には、ましゃが社中メンバーを集めて

気合を注入 リラックスした雰囲気を引き締めて撮影に臨んだそうですよ

Image027_20100919164119.jpg

薩摩に到着して傷を癒した龍馬は、伝説の霊峰・霧島山の高千穂峰に登ろうと決意

お龍も同行を願い出るも、山は女人禁制…

それでも、龍馬にどこまでも付いていく覚悟のお龍は、男装して山を登ります

頂上で天逆鉾を引き抜いた龍馬は、生まれ変わった気持ちで日本を変えていくと誓う…

とっても大事なシーンが盛りだくさんですね 楽しみです

Image028_20100919164140.jpg

今日のましゃは、武道館ライヴの時のましゃでした

0919.jpg

blogram投票ボタン
EDIT  |  16:52  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |