ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ 2012年01月16日
FC2ブログ
2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.16 (Mon)

Guitar magazine&今日のましゃ

ラジオでもましゃが話していましたが、今月の”Guitar magazine”

オットコ前ましゃが、ばばんと表紙を飾っておられます~

120115_214956.jpg

『福山雅治 初の表紙巻頭特集! ”ギタリスト”福山雅治の姿に迫る』

120115_215020.jpg

最近、ギター押しの楽曲が増えてきているましゃ…

そのきっかけになったのは、「vs.~知覚と快楽の螺旋~」を作ったこと。

『その頃、僕は自分が出ているドラマで主題歌を歌うのはヤダなと思っていた時期で。

自分が芝居してる後ろで、自分の歌が流れるのって、何か気持ち悪いなって(笑)

でも、別の形で音楽で参加できたら…って考えていて、

”インストをやってみてもいいですか”って流れに』なったんだそう

インストを作るなら、やっぱりギターだろうということで……

それプラス、最近はレコーディング等で”積極的に弾いた方がいいんじゃない?”って

鑑さんに言われていたことも大きかったそうです

『自分で考えたフレーズは、やっぱ自分で弾いた方が…まぁいいかな、っていうところから

何となくそうなっていったんです。………当然、僕だとプレイ自体に限界があって、

なんでもできるわけじゃないので、そういう場合は、今さんや小倉さんに是非!

みたいな感じで最近はやってます。お二方とも僕が大好きなギタリストなんで、

本当に嬉しく、かつ贅沢をさせていただいてます』

そうなんですよね~…勝手に教祖様とか言ってるけど、今ちゃんってスゴい

ギタリストなんですよね(笑) 

ツアーの最後の方には、すっかりメンバーに馴染んだのか、おちゃめな今ちゃんが

いっぱい見られましたけど

おぐちゃんも、”常に、ニヤァ~ってしながらギター弾いてる人”ですが(笑)

別のライヴに行った時に、おぐちゃんが、自分で作曲した曲を、

押尾コータローさんなどなど、有名なギタリストさん達と一緒に…

というか、筆頭に立って演奏してるのを観て、かなりビックリ

おぐちゃん、実はめちゃカッコいいやんって思った記憶があります

おぐちゃん、今ちゃん…好き勝手言ってごめんなさい

120115_215044.jpg

ましゃが現在、所有しているギターの数は、『60本ぐらい』だそうですが、

「その中でも特に自慢のものは?」という質問には…

『アリアプロⅡのPE-R100っていうやつですね。

高校1年生の時に、長崎にある”割烹ひぐち”っていうチェーン店で皿洗いして

買いました。ギター誌の広告で見て、通販で10万くらいだったかな。』

って話していました もしやこれが……

感謝祭の時に、福山大明神に祀られていた”マーラ・ダンコーン”(笑)

120115_215100.jpg

それから、初期のアルバム作成の時のジレンマとか、曲も詞も書いたことがなくて

プロデュースをお願いした白浜久さんに、とっても助けてもらったこととか…

最近あまり聞く機会のなかったような話が聞けて、ちょっと懐かしかったです

当時の自分について『自分的には自分で(作曲・作詞を)やった方がいいと思っては

いるんです。けれど、自分が行きたいと思ってるところに辿りつけてないんですよ。

それは自分でもわかるんです。なので、なんでしょう……

できることが少ない割に、理想だけが高かったんでしょうね(笑)』って語ってました

『ただ、今となっては、その理想だけが高い自分のあきらめの悪さがよかったと

思ってますけど。あそこで妥協して、理想に辿りつけてないにも関わらず、

”これがやりたかったんだ”っていう風に自分にウソをつきながらやってたら、

向上はなかったと思います。自分のイメージを具現化するためには、

”スキルを上げていくしかないんだ”ってことだけはわかってました。

それは、今でも変わらないんですよ。じゃぁ今、完全にイメージ通りのことが

できてるかっていうと、そうでもないんですよ。

……最近は理想に近いものは作れるようになってるんですよ。

だけどホントは、自分のイメージを具現化した時に、理想をさらに超えている…

っていうことが自分にとっての発見につながりますから。

イタチごっこですけど、そういう日が来ることを、日々期待しながら続けてるって

いう状態だと思うんですよね』

常に満足しない姿勢……なぁんか、ましゃらしいですよね~

120115_215118.jpg

『僕の中で”歌”と”ギター”ってなにが違うかって言うと、単に楽器として

違うとしか感じてないんです。………だからインストゥルメンタルが歌ものと

なんだ変わんない位置にあるんですよ。…僕にとってはギターというものに

それだけの肉体性があるんですよね。歌と同じくらいフィジカルな存在なんです。

僕はもともとギタリストになるつもりだったので。』

『さらに言うと、ギターでインストの曲を作ってる時の方が楽しいんですよ。

それはなぜかっていうと、音域の幅にとらわれなくていいから。

歌だとね、なんかもっと行きたいのに行けないんです。

”あ~俺のノドがMISIAだったらどんなにいいだろう!”みたいに(笑)

いつもジレンマを感じているんですよ、この音域の狭さは。

でもね、いろんな人の話を聴いてると、”福山の歌はカラオケで歌いやすい”って

言ってくれる男性の方もいらっしゃるらしいのでいいですけど(笑)』

…ましゃがMISIAみたいに歌ったら……何かスゴそう(笑)

そして最後のポジティブシンキング 素敵です

ましゃがギターが大好きなことも、いっぱい伝わってきて、ライヴで楽しそうに、

気持ちよさそうにギターを弾いてるましゃを思い出しました
 
この後には、ライヴレポも掲載されていたんですが、さすがギターに精通した方の

着眼点は、全然違って(当たり前ですけど・笑)面白かったですね~

そして、やっぱりましゃはギタリストとしても一流なんだ……と再実感

ライヴでも見覚えのある、9本のギターの写真も掲載されていました

『(ポルノグラフィティの)ハルイチから電話がかかってきた』ってラジオで

話していましたよね(笑) 

ギターのことは全くわかりませんが…高級ギターたちなんでしょうね~(^^;

ましゃだけじゃなくて、今ちゃんやおぐちゃん愛用のギターも載ってたけど…

何か見覚えのあるのが嬉しかったりしました

120115_215140.jpg

福山雅治×今剛×小倉博和 のトークセッション

「逃げられない」の時に、3人でトリプル・リードをやったことが印象に残っているという

3人。最初は、ましゃとおぐちゃんが2人でリードをやっていて…

でも今ちゃんがいるってことで、ましゃから『じゃぁ2人でやって下さいよ』ってことに

なり…『しばらくして、”やっぱり僕も入ろうかな”って(笑)』なったらしいです(笑)

『僕と今さん以上に弾きまくってましたね(笑)』って、おぐちゃんが言うほど、

ライヴ中にギターを弾きまくっていたましゃ(笑)

最近は特に打ち合わせしなくても、やってみて何となく決まっていくということが

多いんだとか……さすがはプロの集まりですね

『さすがに1年もやってると、きっと小倉くんがこう来て、

福山くんがこう弾くんだろうなぁってわかるよ。…で、俺休もうかなぁって(笑)』

……今ちゃん…(笑)

突然のアレンジにも、それに合わせていくのが『気持ち良かったよね』って話す

2人に、ましゃは『それを聴いて、歌っててイヤな感じも違和感もないんですよ。

楽曲自体のそれぞれの解釈と、それをふまえたアプローチに無駄がないというか。

ま、これを”チームワーク”とでも言うんでしょうかね!!』

『ですね。”家族になろうよ”とでも言うんですかね(笑)』とおぐちゃん(笑)

そんなおぐちゃん&今ちゃんという、素敵なお2人と一緒だと、

『リハーサルっていうと、疲れることが多いんですけど、日々楽しくできて』るって、

ましゃも話してましたね~

120115_215221.jpg

3人がお互いに、お互いの良いところを褒め合う…なんてトークもあったりして…

おぐちゃんは『ふたりはとにかく音色が素晴らしいと思いますよ。

歌い方はそれぞれ違うんだけど、ハモった時に個性が見えて、

それが気持ちよかったりするんですよね。』

今ちゃんは『俺、福山くんがこんなにギター狂だと思わなかった(笑)

けど、ただいい楽器が好きなだけじゃなくて、ギターに対する愛情がすごいよね。

完全に”ギタリスト”だと思ってます。ギタリストとして付き合ってる。

もう………魂のギタリストだよね』って、褒めてくれてましたぁ

今ちゃん、素敵っ (笑)

120115_215241.jpg

この対談でわかったことは……

やっぱり今ちゃんはオチャメ、そしておぐちゃんは…いじられ役?(笑)

お互いのことが大好きなんだなぁと、何だか嬉しくなるトークでした

web上でも記事になってましたね

福山雅治、『Guitar Magazine』最新号に登場!

別の記事ですが、他にもいくつか見つけたので、載っけておきまぁす

福山雅治も好きな「ダウニー」から「大人の女性」向け新製品登場

あとは、数日前にアップした”週刊SPA!”の記事に関するものでした

福山雅治「男が選ぶ好きな男1位」の心境を語る

リリーさんとの忘年会に参加しての、居酒屋取材だったわけですが、

『取材スタッフにまでビールを進めながら話してくれる福山雅治。

ここまでやってくれる芸能人はまずいない。

担当編集者およびライターの女性陣は言うまでもなく、同行した編集長、

デスク(両方とも汚いオッサン)まで思わず惚れそうになったという、

まさにアンケート通りの結末となった。』ですって(笑)

さすがはましゃ……どんな人もトリコにしちゃうんですね~(笑)

今日のましゃは、ホットスポットでのましゃでした

0116_20120116233152.jpg

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



EDIT  |  23:33  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(14)  |  Top↑
 | BLOGTOP |