ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ 2019年07月14日
FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2019.07.14 (Sun)

ましゃ切り抜きファイル【1】

ふと気が向いたので(笑)

我が家の本棚に並んでいる、ましゃ切り抜きファイルをアップしてみます(*^^*)

とりあえず1冊目から♪

1990年~1991年ごろの物……なハズです。

少し前に整理した時に、ざっとですが、1年ごとぐらいにはまとめたつもりだけど…

厳密にはわからないので、違ってるのもあるかもしれません(^^;

そこらへんは、軽~く流して見てくださいね(笑)

全部記事を読み返した訳ではないですが、懐かしいましゃがいっぱいで、

ホントは全部の記事をアップしたいぐらいでした(*^^*)

そんなわけにもいかないので(笑) 一部写真載っけます

切り抜きファイル【1】の最初のページは、「追憶の雨の中」の宣伝ページ

「恋、ナンバイイヨルト。」のキャッチコピー付きでした(*^^*)

デビューシングルのましゃ…光の都合で茶色がかった瞳がとっても綺麗です

DSC_2086.jpg

「アクセス」の宣伝も☆

DSC_2099.jpg

はぁ~ カッコいい…可愛い…

まだちょっとあどけない表情がたまりませんねぇ (≧▽≦)

デビュー曲の聴かせどころは?の質問に、

「全部!(笑) 詞は、男だけが持つズルさとかを表現してみた。

俺ってストレートな言葉で表現できないんだよね。

最近の歌ってストレートなのが多いでしょ。

でも俺はダメなの。いろんな言葉を使わないと…。」

と答えてたましゃ。 

ストレートな言葉を使わない所は、今も同じようなことを話してますよね♪

DSC_2118_2019071502495435f.jpg

この写真、とっても好きな写真です(*^^*)

この記事の中では、福山少年の甘酸っぱい恋の話も…?

「長崎のグラバー邸とかがある繁華街と、川をはさんで俺の住んでる町があって、

こっちはあんまり遊びのない街なんですよ。

そこに中学のとき、橋ができて、歩いて簡単に繁華街のある方に行けるように

なったんです。

その頃女の子と街へ遊びに行って帰ってくると、

その橋のとこで、橋にちょっと休める場所があったんで、

(上目遣いに福山君を見るインタビュアーに気付き)

あ、いや別にチューはしませんよ(笑)

それでそうそう、なんか両方の街を見ながら、

”なんか嫌だね~帰るのが”っていう、”このままもうちょっとここにいて”っていうね、

結構ロマンチック関係の世界なんですよ。

……いや、俺は手も繋げなかったんですから。

もっとほらね、プラトニックなものを……って気が小さかっただけですけどね(笑)

何にもできなかったんですよ。」

DSC_2123_201907150249562e8.jpg

「後悔なしの人生を走り抜ける!! 野心の行方」

この時かけてるの、レイバンのサングラス……だったかな~

DSC_2128.jpg

はい。「この秋、福山雅治」です(*^^*)

アルバム「BROS.」の時ですね~

DSC_2147_20190715024959460.jpg

アルバムに「BROS.」と名付けた理由について、

「長崎から東京にきて、相変わらず精神的には一人だって気もするんだけど、

それでも以前よりも友達や仕事仲間が増えたし、

いろんな状況でちゃんと生活してるし、俺はもう一人じゃなくなってきたのかなって

思えるようになったんだ。

しばらく生活してるうちに、だいぶ俺も東京っていう街と上手く付き合えるように

なってきたなっちゅうかね。

それで、そういった気持ちをひっくるめて”BROS.”って付けた。

わりと最初アルバム作る時に出したテーマに忠実なタイトルだと思うな。」

ってコメントしていました(*^^*)

DSC_2149.jpg

懐かしい…(*^^*) 三菱自動車のCM、ありましたねぇ~

DSC_2158_20190715025032818.jpg

こちらをしっかりと見つめる、素敵ましゃ(*^^*)

…ですが、記事の内容は、プププッって感じでした( ´艸`)

「…中学生の彼は、”リーゼントでロックンロールだ!”と思い、

床屋にパーマをかけに出かける。

憧れのギタリストの写真と、お年玉をためた大切な2500円を握りしめて…。

『理容マツダっていう、よくあるパーマ屋。

でも髪が5センチくらいしかなくて”できんぞ”って。。

でも”ちっちゃかロットで巻いてくれればよかですけん”てやってもらったんだけど…

それが大仏みたくなっちゃって(笑)

でも本人はリーゼントだと思ってて、冬休みあけて学校に行って、

もうこれで俺はヒーローだ!って信じてたんだよね。

そしたら”お前、大仏じゃんか”って友達に言われちまった。最悪だよ(笑)

そのうえ、体育の先生に怒られて、いきなり前髪ジョキジョキ切られちゃうし。

それでマツダに行ったら、”なんや、ガキが色気づいてそげんことするかばってん(笑)”

って言われるわけよ』

『中3の時、クラス写真を撮るんで、俺、髪をビシッとリーゼントに決めてったのよ。

でも子供なんで、ほっぺたがプクッとしてて、”これじゃ、やっぱ気合が足んねー”

って思ってさ、”はい、写真撮りま~す”って言われたら、

口の内側の肉、かんでんの(笑)

細く見せようとしてさ~(笑)だから、一応ゴッツイんだけど、不自然なのよ。』」

口の内側の肉、かんでた話、忘れてたな~私(笑)

カッコつけつけの福山少年、可愛すぎる…(笑)

DSC_2159_20190715025045ae0.jpg

渋谷クアトロでのライブの時に、ちょこちょこと男の子がいたことが

『嬉しかったですよ、あれぐらいでも。前はほんっとにいなかった』って

語ってるましゃ。

この時の彼に、ず~っと頑張ってたら、パシフィコで”野郎夜”できるようになるからね!

って教えてあげたい…(*^^*)

DSC_2187_2019071502510067f.jpg

『1日のうち、たった1分間でいい 恋人にとって世界一の男になりたい』

…恥ずかしい~~(≧▽≦) 

でもこの記事自体は、長崎でサラリーマンをやってた時の話や、

東京に出て来てからの話など、当時のことが結構詳しく語られててて、

久々に読んで、なかなか面白かったです。

バイトのこと、おしゃれのこと、ファッションのこと、

お兄ちゃんたちと組んでたバンドのこと、パチンコのこと、理想の女の子のこと……

あ、それから『昨年11月に行われたライブでは、失神者が続出したとか。』

って書かれてました(*^^*) 

DSC_2193_20190715025129d71.jpg

1991.05.06 渋谷クラブクアトロ

キャパ600人のライヴだったそうです…羨ましい~

『ライブが終わった時、もうそのまんまそこで寝ちゃいたい気分だったんだ。

何ていうか、脱力感が気持ちよくてね』って語ってました(*^^*)

白シャツましゃ…笑顔も爽やか~

DSC_2209.jpg

この写真も、私の好きなショットの1つ。

ドラマ『あしたがあるから』に出演していた頃ですね~♪

DSC_2211_201907150251332af.jpg

う~んと…ねぇ、なんでこのましゃ、葱を束で持ってるの…??(笑)

記事の中に何かヒントが?って思って、読み返してみたけど、

そんなくだりは一切ありませんでしたとさ(笑)

『俺はずっと自分は日本一歌がうまい男だと思ってたけど、

ファーストアルバムを自分で聴いた時、日本一ヘタだとわかった。

やりたいことは漠然と見えてるんだけど、それを形にできなくて……』

満足がいかずに悩むこともあるけど、

『でも、音楽が嫌いにならない限りはやめない』って話してました☆

歌、めちゃ×2上手くなりました!  ←あら、失礼…(笑)

歌い方も、声も…どんどん×2進化してるましゃは素晴らしい

ましゃが続けてくれてるから、私たちも付いていけるわけで…(*^^*)

ホントにありがとう~ましゃ です☆

DSC_2213.jpg

切り抜きファイル【1】はここまで☆ 22歳のましゃでした(*^^*)


スポンサーサイト



EDIT  |  23:43  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |