ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ 2019年10月28日
FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.10.28 (Mon)

「サンデー毎日」

10/22発売の「サンデー毎日」

柔らかぁ~い表情のましゃが表紙です(*^^*)

DSC_80351.jpg

巻頭グラビアにも、ましゃ

写真ではわかりにくいですが、ましゃがこういう裾の広いパンツなの、

何だか新鮮~(*^^*)

DSC_82341.jpg

この記事のインタビュアーさんは、平野さんの小説「マチネの終わりに」を

担当された編集者さんなので、映画に対する思い入れも特に強い方ですね~

その方に「読者は自分だけのイメージがあるので、

どなたが演じても完璧に満足することはないと思うんです。

でも、今回は原作のファンも喜ぶ作りになっていると感じました。」

って言って頂けて…きっとましゃもホッとしたでしょうね~(*^^*)

ましゃが演じる蒔野は”天才ギタリスト”。

でもましゃは、「実は、もしかしたら蒔野は天才ではないかも、という見方も

あるかと思っていて。限りなく天才に近い秀才。そして生真面目。」

「天才にも色々なタイプがあるでしょうが、蒔野は悩みやスランプに対して、

超人的な閃きで乗り越えるタイプではない。

もしかしたら、過大評価をされてしまった秀才かもしれないと思ったんです。」

って語っていたんですよね~ 

「石田ゆり子さん演じる小峰洋子に惹かれた理由の一つは、

洋子を愛し始める高揚感と共に、洋子が蒔野の音楽のミューズになってくれるような

気がした、というのもあるでしょう。

だからこそ、今まで誰にも見せてこなかった恐れや葛藤も含め、

洋子なら深く理解し、アーティストとして高みに導いてくれる期待を抱いたのでは

ないでしょうか。」の言葉にも納得…。

記事の後半では、ましゃ自身、迷いや悩み、後悔がいつもあることや、

年を重ねるごとに変わって来た、煮詰まった時の考え方について、

それから愛への向き合い方などについても語っていました(*^^*)

ましゃが最後に語っていた、「『未来は常に過去を変えている』なら、

過去を肯定できるような未来を築いていきたい。」という言葉。

ましゃの言葉だけど、「マチネの終わりに」に出てくるセリフみたいですね~

DSC_8293.jpg

今日は、「痛快TVスカッとジャパン」の宇賀神ましゃを観ながら、

やっぱりプププってなりましたね(笑)

地面に寝転んで、ネクタイで猫をじゃらすましゃ。

滑り台を滑るましゃ。

ギターを弾きながら「さんぽ」を歌うましゃ。

どれも斬新! そりゃあんなん言われたら風も吹く! (←?・笑)

ただ……そんな人いる?って毎回思ってしまうんですが(笑)

まぁいいや、宇賀神ましゃ、面白いから

「しゃべくり007」の、ましゃの取扱説明書を見てたら、

ましゃが実際にどう思ってるかは別として、あれだけの項目をスタッフさんは

準備されてた訳ですもんね~(^^; きゃ~大変~(^^;

番組中に話し合って、準備するものは減ったハズだけど、

逆にややこしくなってる項目もあって、これまた笑っちゃいました(笑)

ほっけを中心とした…のあたりとか、おやつは女子目線のあたりとか、

マイケル・ベイ監督のあたりとか(笑)

ライヴの時に、水の入った紙コップをましゃに渡すスタッフさんのくだりは、

そうよね~時々スタッフさん、ましゃに怒られてるもんね~と思いながら

観てたのは私だけではないハズ(笑)

次からライヴ中に、あのシーンを見たら、あ、3年目以上……って

思ってしまいそうです( ´艸`)

カットされてる部分も、全部観たかったですねぇ

あ~面白かった~( *´艸`) 

どちらの番組も、また観直そうと思いまぁす(≧▽≦)

スポンサーサイト



EDIT  |  23:16  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |