ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ 日本映画magazine&今日のましゃ
FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.06.11 (Tue)

日本映画magazine&今日のましゃ

「真夏の方程式」34P大特集 独占!福山雅治15000字インタビュー

って表紙に書かれている”日本映画magazine” 

もちろん、表紙を飾るのもましゃ

130602_231100.jpg

中には、青を基調とした爽やかましゃの写真がいっぱい

インタビューの中では、同じガリレオ作品でも、ドラマと映画では

『トーンが全然違うので…同じなんだけど違うことを2つやっているような感じで

不思議な感覚ですよね』と語っていましたね~

『(真夏の方程式は)実は湯川と恭平くんの物語が本作の一番の核になっています。

つまり本作が描いているものとは、

「恭平くんという少年を守りたいと思った湯川学」です。

しかもそれは、「恭平くんを守りたい」ではなく、

「恭平くんのような子供」に対する想いなんです』と語りつつ、

『(湯川に)もし、優しさがにじみ出ているとしたら、それは湯川ではなく

僕の人柄によるものでしょうね(笑)』なぁんてちゃっかり言っちゃってるし(笑) 

130602_231127.jpg

そして、俳優、ミュージシャンなど、色んな活動を続けているましゃですが、

『こうなりたいとか、全然ないんです。むしろ、こうなりたいと思って待っている人って

損じゃないかとすら思う。』

『要は、自分で自分という素材をどこまで面白がれるかということだと思うんです。

自分としても福山雅治という人間がどういう人間がどういう人間なのかを

知りたいし、面白がりたいし、料理したいし、他の様々な人にも好きに料理してほしい。

逆にどう料理されても、その人の個性は活きると思っています。』

って語っていました

130602_231217.jpg

ましゃ×西谷監督

130602_231354.jpg

湯川先生というキャラクターを作り上げていくために、

『テレビドラマが始まるかなり前から2人でリハーサルに入って、

他のキャストは実際の俳優さんではなく代役の方にやってもらって、

念入りにやりましたね』

「喋るスピードや体の動かし方。例えば振り向き方ひとつ細かいところまで」

って話しているのを聞いて、改めて大変だったんだなぁと…(^^;

映画を観に行くまでには、このインタビューは読んでおくべきですね~

2人の会話を読んでいたら、すでに次の作品が観たくなりました(笑)

130602_231419.jpg

そしてこの雑誌には、「そして父になる」の是枝監督のインタビューもあって、

なぜ今回のようなストーリーになったのかとか、ましゃの印象についてなどなど……

監督から見たましゃを知ることができて興味深かったです

ストーリーに関する、若干のネタバレもありですが(笑)

ほんとに早く観たいなぁ…この映画

公開の前倒しが検討されているとのことなので…期待したいですね

今日のましゃは、何だかとっても”素(す)”な感じ~ 

0611_20130612004306.jpg

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



EDIT  |  23:17  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |