ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ 鳥取~♪&今日のましゃ
FC2ブログ
2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.11.04 (Mon)

鳥取~♪&今日のましゃ

友達から「砂の美術館に行こうと思うねんけど、一緒にどう?」とお誘いが

あったので、昨日、行ってみることにしたのでした

鳥取には、植田正治写真美術館に行ったことがあっただけで、

砂の美術館どころか、鳥取砂丘にも行ったことがなかったんですよね~

だから行ってみようと思ったのに、高速を走っている時点で、雨がパラパラ(^^;

ま、予報も雨でしたからね…それも覚悟で行ったわけですが(笑)

ザザ降りではないものの、結構ず~っと降り続いてる感じだったので、

この調子じゃ砂丘は無理かなぁ~ってちょっと諦めつつ(^^;

まぁでもせっかく来たし、とりあえず一目見てみよっか~ってことで、

砂丘に行ってみました

IMG_4662.jpg

砂丘への階段を上がったら、突然砂丘が始まるんですね

砂の上を歩いてみたら、雨を吸っているはずなのに、想像してたよりもずっと

ふわふわ 

さすがに砂丘でイメージする、サラサラの砂ではなかったですが(^^;

でももっと固くなったり、べちょべちょするのかと思ってたので、

あ、全然歩けるね~ってことで…

IMG_4653.jpg

砂丘の山を頑張って登りました 

足が砂に取られるし、やっぱり足が沈むので、歩きにく~い

IMG_4655_20131104185523065.jpg

早速裸足になって楽しそうに走り回るLちゃん

このあと、邪魔になった傘を持たされた私でした(笑)

IMG_4656_20131104185525ebf.jpg

ぜぇぜぇ… 疲れた…(o´Д`)=з (笑)

なんとか山を登りきって、見えた景色は……海だぁ~

晴れてたら、青い海に青い空… もっと綺麗だったんだろうなぁ~残念(^^;

IMG_4660_20131104185526125.jpg

さて…戻ろうか~って後ろを振り返ったら…スタート地点、遠っ (^^;

ちなみにスタート地点は、はるか遠くに見える、木がこんもりしてる辺りです(笑)

IMG_4661.jpg

しんどいよぉ~って言いながら、元来た道を戻り…(^^;

すっかりドロドロになった靴を洗ったあとは、お土産屋さんで試食タイム(笑)

かなりたくさんの試食があるのが嬉しくて、らっきょうに味噌、

梨ゴーフレットに因幡の白うさぎ、大風呂敷にお餅などなど、お菓子をもぐもぐ

で、休憩もかねて、梨ソフトクリームを食べてみました

とっても美味しく頂いたんですが、写真撮るの忘れてました~(笑)

売店の前には、どうやらここに住み着いているらしいにゃんこ発見

ソフトクリーム持ってたら、「それちょ~だい」って鳴いてました(笑)

IMG_4664_20131104212017aa4.jpg

「これは食べられへんやろ~?」って言ってたら、隣の家族連れの

お兄ちゃんの所に行って、また「にゃお~」 

…ソフトクリームのコーンを貰って、美味しそうに食べてました(笑)

なるほど~ここにいたら食いっぱぐれることはなさそうです

そして、第二の目的地・砂の美術館を目指します

砂丘から美術館は目と鼻の先なのに、お土産屋さんを、3、4軒はしごしながら、

試食をしまくりながら行くもんだから、『全然たどり着かれへんなぁ』って

友達と笑っちゃいました(笑)

やっと到着

IMG_4665.jpg

ここは、日本で唯一「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館で、

毎年違うテーマで展示が行われているそうです

今、展示されているのは、東南アジア編。

『砂で世界旅行・東南アジア編 王朝の栄華とよみがえる神秘の国々』

展示室に入って一番最初に目に入ったのがコチラ 『パゴダと僧侶たち』

IMG_4668.jpg

これが全部、砂で出来てるなんて…スゴいの一言でした

IMG_4675.jpg

塔の細かい装飾まで、ちゃんと再現されているんですよね~

IMG_4719.jpg

『バンコクの王宮とプラナコーンの街並み』

IMG_4672_201311042135068e5.jpg

部屋を進んでいくと、さらに壁一面にドドンと砂像がっ

これ、実際に見るとホントに迫力です

IMG_4676.jpg

『歓喜の行進』

遠征に勝利した軍が、勝利の門を通って凱旋行進している様子だそうです

IMG_4682_20131104214554937.jpg

人間ひとりひとりや象の表情までもが、ちゃんと描かれていて…

しばらくジ~って見入ってしまいました

IMG_4685.jpg

Lちゃんが前に立つと、大きさがよくわかりますね~

IMG_4686.jpg

『ライステラスと農民の暮らし』 ※ライステラス=棚田。

IMG_4678.jpg

『密林で幻の文明と遭遇した探検家』

葉っぱの様子とか…まさに彫刻 

これを制作する大変さを考えると気が遠くなります(^^;

IMG_4680.jpg

『熱帯雨林に潜む動物たち』

写真小さいのでわかりにくいと思いますが、この砂像の中には、

私が見つけられるだけでも、8種類の動物たちが潜んでいました

IMG_4688.jpg

顔をお見せできないのが残念なぐらい、可愛い~顔で写っているLちゃんですが…

背後にいるトラの視線がなかなか恐いですね(笑)

IMG_4691.jpg

木の根っこに顎を乗せて寝てるみたい ちょっと和みました 

IMG_4694.jpg

『王に捧げる舞踏』

IMG_4697.jpg

Lちゃんが撮ってくれるというので…友達と一緒に撮ってもらいました

IMG_4700_201311042202319a8.jpg

『影絵芝居 ワヤン・クリッ』

壁に影絵が写っている様子を全て砂で表現する…その発想がスゴイなぁ~

IMG_4703.jpg

私たちの後ろに写っている、大きな四角い穴みたいになってるのは『淋浴場』。

実際に水が張ってありました

IMG_4706.jpg

『フィリピンのバロック様式教会』

IMG_4714.jpg

アップにすると、精密さがさらに伝わるかと…

IMG_4715_20131104220237f4d.jpg

『バリヒンドゥー教の守り神』

この守り神が2体(?)で、展示室の入口を出口を守ってました

IMG_4727.jpg

さらに上の階に上がって…上から見ると、また雰囲気が違って見えました

IMG_4731.jpg

これを人の手で作るんだと考えると、ほんっとにスゴいですよね~

IMG_4732.jpg

なかなかの見応えに満足×2でした

この時点でお昼をかなり過ぎていたので、美術館そばのお店でお昼ご飯

海鮮たっぷり~の丼もあったんですが、イカ大好きな私なので(笑)

ついつい”いかといか沖漬け丼”にしてしまいました

いか、美味っ 

海が近いだけあってやっぱり新鮮なんですね~ 美味しかったです

うんうん、沖漬けって久々かも~

IMG_4754.jpg

一緒に行った友達も私も、食べるの大好きなので、帰りにSAなど、

あちこち寄ることを考えて、夕方前には出発することにしました

で、この後はまぁ帰路につくわけですが…長くなったので今日はここまで

今日のましゃは、ライヴ中、こぶしを突き上げるましゃでした~

1104_20131104232745d9f.jpg

blogram投票ボタン

スポンサーサイト



EDIT  |  23:30  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■こんにちは☆

 なな&えるもさん、こんにちは♪
 昨年、12月3日のブログで初めてコメントさせていただいた「はなはる」と申します。いつも楽しく拝読させていただいています!
 今回、私の住む鳥取県にいらっしゃったということで、「鳥取砂丘ましゃくる」かな、やったー(>v<)☆と思ったら、普通の旅行だったのですね(^^;)HELLOのジャケットのましゃの立った場所、嫁ぐまで鳥取砂丘のそばに住んでいた私ですが、分かりません(><)ちなみに今は鳥取県西部の植田正治写真美術館の近くに住んでいます!
 鳥取県もましゃとゆかりのあるスポットが以外にあるんですよー!またましゃるくしてみてくださいね☆
 あと1ヶ月ちょっとで年末ライブがはじまりますね(^^)私は28日に参加予定です!なな&えるもさん、楽しみましょうね(^0^)/ではまたコメさせてもらいます☆
はなは |  2013.11.05(火) 14:43 |  URL |  【コメント編集】

■はなはるさま☆(Re: こんにちは☆)

お久しぶりですv-22
はなはるさんは鳥取県在住でしたね~
今回は普通~に観光でした(^^;
期待に添えずすいません(笑)

そうなんですよね、鳥取も、ましゃるくスポット多いんですよね☆
以前、ましゃ友さんが鳥取に行かれる時に、一緒に色々調べてて、こんなにあるんだ~!
って思ったのを覚えています。
植田先生の美術館もしばらく行ってないし、また今度はましゃるくの旅に出たいなぁ…
と思っています♪

さてさて、生ましゃまでもう少し…
思い切り楽しみに行きましょうね~v-343
なな&えるも |  2013.11.09(土) 08:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |