ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ ”リップヴァンウィンクルの花嫁”
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.03.29 (Tue)

”リップヴァンウィンクルの花嫁”

”リップヴァンウィンクルの花嫁”の舞台挨拶の時の写真を少し☆

DSC_2293.jpg

梅田ブルク7のトイレまでの狭ぁ~い通路部分に(^^;

フライヤーがズラリと貼ってありました(*´▽`*)

DSC_2331.jpg

映画冒頭(一番左)の黒木華ちゃんと、ラストの華ちゃん(真ん中)。

少しだけど、座り方や声の大きさ、表情が変わってました。

これが成長したってことね~

DSC_2332.jpg

この3人の存在感が素晴らしかった…

でもやっぱり一番はCoccoさんかなぁ……

DSC_2333.jpg

左下の、ねこかんむりかぶった華ちゃん 可愛いヽ(´▽`)/

DSC_2272.jpg

綾野くんは、何でも屋の役なので、出てくるたんびに服装が違ってて、

なかなか楽しめました(*´▽`*)

DSC_2292.jpg

映画館のロビーでは、予告編も流れてて……

映画の中で、特に出てくる訳ではない、ねこかんむり。

でも間違いなく、岩井監督はとっても大事にされてる、このかんむり。

観終わってから、華ちゃんがかぶってることに、一体どういう意味があったんだろう…

って、ず~っと考えてしまってました。

今日になって、やっと、こういうことなのかな~?って、答えらしき考えに

行き当たって、何だかちょっとスッキリ(笑)

DSC_2265.jpg

ベビーシッター中の綾野くん

特に何も思わず、観てたシーンだったけど、パンフレットを読んだら、

このシーンであの話をすることに、意味を持たせたかったんだ…っていう

監督と綾野くんの思惑がわかって、改めて「はぁ~」ってなりました……

DSC_2268.jpg

今回は映画を観終わってからの舞台挨拶。

岩井監督がお話をしておられる間、ずっと写真撮影はOKとのこと(*´▽`*)

ゆっくりとほんわかした雰囲気…ぼそぼそ話される感じも心地いい(笑)

DSC_2279.jpg

以前、大阪に住んでいたこともあったそうで、「ほんまやで~」とかって、

大阪弁の披露(?)に、みんなでクスクスしたり…(*´▽`*)

お客さんからの質問にも答えて下さって…

全体的に、柔らかぁ~い空気が流れてました

もっともっとお話聞いていたかったなぁ…と思いました。

DSC_2275.jpg

映画を観て、2日経つけど、何だかずっと余韻が残ってて、

映画中のセリフの意味とか、なんでこのシーンを残したんだろう…とか、

考えたいところはいっぱいあって…

わかりやすい「幸せ」ではない、色んな気持ちの混じった「幸せ」感が残るというか…

全部がHAPPYではないのに、なぜかスッキリするというか…

でも心の中には、何だか重いものが残るんですよね…

色々あるけど、まぁこれはこれでいいのかぁ~とか……

現実とファンタジーの間を、絶妙に歩かされてる感じ?

ところどころに、監督のちょっぴりお茶目なとこが顔を出して、

プププッってなったりもしつつも、

Coccoさん演じる、真白のセリフの重たさに、心がキュッってされる…

幸せ、とか、優しさ、とか、働く、とか…意味を色々考えてみたくなります。

こんなに色んな意味で、あとを引く映画は初めてかも。

小説読んで、映画を観て、色んなことにハッとさせられ、

映画を観終わって、色々考えてるうちに、ちょこちょこ納得できたりして、

パンフレットを読みながら、また納得したり発見したり……

できれば、もう一度、小説とパンフレットを読んでから、

映画館でじっくり観てみたいと思います。

ピュア過ぎるぐらいピュアだから、いっぱい騙されるのに、

でも、逆に人を騙せちゃったりもする七海(黒木華ちゃん)。

常に飄々としてて、と~っても胡散臭いのに、憎めない安室(綾野くん)。

それどころか、頼りたくなる自分もいたり…(^^;

たぶん一番素直でまっすぐなのに、素直に生きれない真白(Coccoさん)。

彼女の”幸せ”、彼女の”優しさ”は、儚くて切なすぎる…。

自分のため、相手のため、だますこと、だまされること、

現実の世界、ネット上のふわふわした世界、

どこからどこまでが本当? この言葉は、この行動は本心?

こういう世界観こそが岩井ワールドなのかなぁ……

どっぷり浸かりたい世界観でした(^^;

Coccoさんの歌と声が、また素晴らしかったです

映画を観に行った帰りに、映画館で衣装展示もあったらしい…と知って(^^;

用事もあったし、昨日、もう一度、展示だけ見に行ってきました☆

映画館は7階、衣装展示は地下1階。

全然違うフロアに置かれてるんだもん

どっかに書いといてくれなきゃ、わかんないです~(^^;

DSC_2320.jpg

サイン入りのポスターと、衣装展示。

DSC_2322.jpg

舞台挨拶は、岩井監督だけだったけど、黒木華ちゃんのサインも

DSC_2324.jpg

華ちゃん着用のメイド服(*´▽`*) よくお似合いでした

DSC_2325.jpg

梅田のブルク7では、映画のパンフレットが売り切れ

でもどうしても読みたかったので、もう1つの上映映画館へ-。

大阪では、梅田となんば、2ヶ所だけでしか上映されないんです(^^;

なんばパークスシネマ☆

DSC_2335.jpg

なんばでは、舞台挨拶はなかったんですが、サインはありました(*´▽`*)

DSC_2336.jpg

こちらでは、パンフレットを無事にGET。 読んで良かった…

映画のタイトルの意味も…ぼんやりわかったような…?

もしも映画を観られる方は、パンフレットも是非是非! です(笑)

DSC_2338.jpg

もうしばらく…余韻に浸ります(^-^)

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
EDIT  |  23:50  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |