ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ スタジオパークからおめでとう&龍馬伝×プロフェッショナル
FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2010.01.03 (Sun)

スタジオパークからおめでとう&龍馬伝×プロフェッショナル

元日は、NHK”スタジオパークから おめでとう 2010”

龍馬も通っていたという料亭、花月からの中継でした

故郷長崎で新年を迎えられたのは何年ぶりか…という感じだそうで、喜んでいました

Image045_20100103205432.jpg

龍馬伝の主役発表の日には、道行く人みんなに『おめでとう』とたくさん言われたそうで、

大変なことになった…と思ったそうです(笑)

『おめでとう』という言葉が、こんなにプレッシャーに感じたことはなかったと話していました

Image047_20100103205443.jpg

撮影初日の初めてのシーンが、親を殺された子供たちを慰めるシーンで…

まだ自分の中で龍馬という役が染み込んでいなかったので、どう慰めるか、とても迷ったそうです

言葉もマネージャーとの会話を土佐弁にして…龍馬に近付くために努力の日々ですね~

ちなみに、脚本家の『ここに注目』は…

龍馬の泣き顔、怒り顔、そして……裸体なんですって(笑)

ましゃ曰く『4話の台本のト書きに”井戸の前で体を洗う龍馬”と普通に書いてあった』そうですよ

岡田以蔵役の佐藤健君と、武市半平太役の大森南朋さんも、番組には出てましたね

『(佐藤)健は、剣術のシーンとかでも気を遣ってくれるんですけど、香川(照之)さんは全く

手加減がない…』ことや、

『今までは一番過酷だったのは、2話で土嚢を積み上げるシーンで…泥水とかも浴びる

んですけど、その泥水が牛さんたちの排泄物が混じった水で…

この1年間の龍馬伝の撮影で、僕の免疫力はかなり上がると思います(笑)』などなど…

撮影の裏話もたくさん話していました

Image048_20100103205453.jpg

番組には特別ゲストは、三味線プレーヤーの上妻さんと、書道家の紫舟さん

龍馬伝のタイトル文字を書いた紫舟さんが、どんな思いで書いたのかを説明されていました

 龍;龍馬&ましゃの背の高さ、繊細な心をもった容姿

 馬;地を駆け巡った龍馬の”動”の部分

 伝;北辰一刀流の免許皆伝でありながら、一度も人を殺めなかった龍馬の軌道

それぞれの文字に意味を込めて…福山龍馬をイメージして書いたとのことでした

で、2日放送だったのが、NHK”龍馬伝×プロフェッショナル 仕事の流儀”
 
Image049_20100103215827.jpg

龍馬は人の心をつかみ時代を動かした人、自らをさらして相手の心をひらいた人で、

今もファンがたくさんいる龍馬という役を、プレッシャーを感じながらもしようと思うようになったのは

40歳になったからと話していました

Image050_20100103215839.jpg

撮影中には、ましゃからアイデアを出すこともあるそうです

Image055_20100103215856.jpg

コレは2話のシーン 

ましゃがとっても悩んだシーンで、同時に、役者魂の試されるシーンでもあるそうです

チャーミングな龍馬の仕上がりに、監督も大満足でした 来週観るのが楽しみです

Image058_20100103215906.jpg

『脱藩した人間が、偉い人と会って話をしているというのは、360度全方位に魅力を感じさせられる

何かがあった人なんじゃないか。チャーミングな人、何か憎めない人、愛嬌のある人を演じられたら』

Image0461_20100103215924.jpg

この番組では、色んなましゃが見られて、何だか得した気分でしたね

地方ロケが大方終わって、東京では日常生活の龍馬を描く撮影が始まるということで…

『何気ない日常の中にこそ、キャラクターの特異性や、人と違う性格が垣間見える』

『ナチュラルに、でもキャラクターの癖は、それなりにあったほうがいい』と話していました。

これからの龍馬…特に日常の龍馬に注目です

Image052_20100103215949.jpg

撮影現場にもカメラは忘れずに持って行ってるんですね~ カメラマンましゃです

Image0601.jpg

blogram投票ボタン
スポンサーサイト



EDIT  |  22:42  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |