ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ 『SONGSスペシャル 福山雅治 SONGLINE~歌い継ぐ者たち~』
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.01.30 (Mon)

『SONGSスペシャル 福山雅治 SONGLINE~歌い継ぐ者たち~』

今日放送でしたね~

SONGSスペシャル 福山雅治 SONGLINE〜歌い継ぐ者たち〜
第3 回「アメリカ ジャズ100年」

耳馴染みのある、明るいメロディーと楽し気な雰囲気の”聖者の行進”。

学生の頃、音楽の授業で、リコーダーで演奏したな~と

懐かしく思い出してました。

歌詞とか意味とか、ちゃんと知らなかったけど…

そっかぁ…こんなに悲しい歴史や、当時の人々の思いがあったのね…

と思うと、なかなか……。

でも、本当に音楽が生活の一部というか、なくてはならないものになっている

ということが、よくわかりましたね~

お祝いの時はもちろん、お葬式の時にも使われるなんて、

国が違うと、ここまで感覚が変わるところ、興味深かったです(*^^*)

ハリケーンでの被害の様子を聞いているシーンでは、

ましゃの楽器たちへの愛情もしっかり感じられたし…

最後のましゃとトレメブラスバンドのメンバーたちのスペシャルセッション

ましゃもダンサーの方たちまで、本当に楽しそうでした☆

聴いてると、自然に身体が動く感じ…素敵ですねぇ(*^^*)

白シャツ、ネクタイでギターを弾くましゃも、もちろん素敵でした

演奏終わった後の笑顔からは、みんなとの一体感が伝わってくる感じが

しましたよね(*^^*)

この番組に関する記事が、web上にアップされてました☆

福山雅治ジャズ誕生の地・ニューオーリンズへ!「聖者の行進」をセッション

福山雅治がニューオーリンズでジャズ誕生の謎に迫る
SONGSスペシャル「アメリカ ジャズ100年」


「福山はまずニューオーリンズの中心地、フレンチクオーターを訪れ、

伝統的なニューオーリンズジャズを継承するバンド、トレメブラスバンドと出会う。

また、ジャズはそもそもなぜニューオーリンズで生まれたのか?

その謎に迫るため、福山はジャズの歴史に詳しい研究者を訪ね、

アフリカや中南米から奴隷として連れてこられた黒人の悲しい歴史と

即興演奏がもたらしたジャズ誕生の秘密に触れる。」

復興にも繋がる音楽の力。

その力の大きさを、ましゃもまた直に感じたかもしれませんね~

もう一回、ゆっくり観直そうと思います(*^^*)

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
EDIT  |  23:18  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |