ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ ましゃ切り抜きファイル【4】
FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.07.31 (Wed)

ましゃ切り抜きファイル【4】

前回に引き続き、1992年ごろのましゃです(*^^*)

最近のましゃは、「集団左遷」みたいにスーツのイメージもあるけど、

この当時のましゃって、スーツ珍しい気がします☆

この記事の中で行われていた連想ゲームの一部。

・長崎 → 造船、観光、どぶ川、山
・睡眠学習 → 心の友
・ギター → 下着
・父親 → チンピラ
・母親 → 台所
・家庭 → 枠、独立国家、囲い
・コンプレックス → おしり

なかなか気になる…(笑)

・ギター → 下着 の意味は「肌身離さず」ってことだとか(*^^*)

「ギターって最初は、おもちゃみたいなもんだった。

ずっとおもちゃで、最近ちょっと親密になってきたかなっていう。

家でもよく弾いてるしさ。ギターって年月が経つほどいい具合になってくるじゃん。

ギター自身も成長するっていうかさ、いい音が鳴るようになってくるでしょ。

そこがいいよね。」

他には……

「オヤジっていうのはカッコイイ存在。」

母親については「お母さんの背中っていうイメージがある。」

「家庭っていうのは、いいものであり温かくもあるけど、

そこだけの決まりがある国っていう感じがする。基準が親の判断になるじゃん。

ずっと家庭の中にいたら、この枠に閉じ込められてしまうっていう危機感があったから、

家にいるのが結構嫌だった。仲は良かったんだけど、居心地はあまり良くなかった。

あと、俺はハンパ者だっていうかさ、

好きなことやるんだったら自分で生活しなきゃいけないって思ってたから。

一人前になりたいっていうのが、すごくあった。

今はテレビに出ちゃったからね、もうあっさり認めてくれたけど(笑)

居心地はそうだなぁ…今は、こそばゆいって感じ。

気使うんだよね。俺、親に一番気使うもん。

親の前にいると、いい子になろうとしちゃうからね。」

みたいな話をしておられました(*^^*)

しっかりしてる♪ でもやっぱりカッコつけたい感じ♪ ふふふ(*^^*)

DSC_2861_20190727124106eeb.jpg

髪の毛ビシッってセットしてますね~(笑)

DSC_2895.jpg

赤いバラ抱いてまぁ…… (笑)

この記事では、いかにましゃが嫉妬深いかという話(笑)

男友達が紹介してくれた女の子を好きになった時は、

その男友達とどういう知り合いなんだろう、まさか深い関係が…?って

勘ぐってしまった話とか、彼女に前に付き合ってた男はどんなヤツだった?

って自分から言い出しておいて、実際に聞くと激しく嫉妬するとか(笑)

「小さなやきもちをやきながら、いくつか恋をして学んだんだけどさ。

好きだからって嫉妬心から、相手がにっちもさっちもいかないような

責め方をしちゃいけないよね。」

「独占欲が強い自分を認めてるから、普段はあんまり余計なことは

口に出さないようにしてるんだけどさ。

それがかえって、何を考えてるのかわからないって相手を不安にさせるみたい。

そうなると細かいことで文句言ってくるもんだから、カチンとくるのよ。

俺は我慢してるのにお前はよぉ!ってケンカになるわけ。

まぁ最終的にはいつも俺が折れるんだけど」とのこと。

(笑)今のましゃはどうなんでしょうねぇ(笑)

DSC_2862_20190727124145f93.jpg

「デビューした頃っていうのを表現すると、走りたくて走りたくて仕方ない自分、

って感じなんですよね。でもそれが空回りしているっていうか。

今は走り出すより、力強い一歩を踏み出せればいいなって思えるようになった。

自分の何かをする時の表現方法がわかってきたところもあるのかもしれないですね。」

この時のアルバム「BOOTS」の中の”Good night”。

「これはもう1人、君という存在がいて、その人に歌ってるっていう感じがあるでしょ。

詞っていうのは、変に詞にしようっていう束縛はなくて、

しゃべるように歌っても詞にはなるんだなて思いましたね。」

”Good night”の歌詞の作り方に関しては、何度もラジオなどでも話してるけど、

やっぱりそれだけ、ましゃに大きな影響を与えたってことなんでしょうね~(*^^*)

私も大好きな曲…感謝祭でも聴けるかなぁ

DSC_2863.jpg

東京に出て来てピザ屋でバイトをしていた頃(”長崎くん”の頃?笑)

「配達用のバイクって三輪車で転ばないから、ケツを滑らせて運転してたの。

で、配達が終わって店に戻ると、苦情の電話が入ってる。

『ピザのトッピングがズレてますよ!』って(笑)

あまりに激しいドリフトのため、トッピングが寄っちゃうのよ(笑)」

ってエピソードに笑っちゃいましたが…怒られたんでしょうねぇ、これ(^^;

もちろん今の音楽についても真面目に語っていて…

「本当に自分に正直に作って、これが俺の完璧なオリジナル、

世界にたった一つの歌だって心底思えるかっていったら、まだそこまでいってない。

…自分で作っていく過程において、いつかホントに世界で唯一のオリジナル、

前例がないって曲を作れる日がくるといいなって思ってる。」

DSC_2998.jpg

「ファーストアルバムのレコーディング中に思い知ったんだ、

俺は天才なんかじゃない、もっと才能のあるやつがたくさんいるんだってね。

それまで自分を過信してただけに結構落ち込んだけど、

誰かに慰めてほしいとは思わなかったよ。

それに俺にとっては音楽がすべてだったから、やめるわけにはいかなかったんだ。

俺は根っからのエゴイストだからさ。

落ち込んだり悩んでるときは、ひとりでいたいの。

人に頼らずに、何でも自分で片付けたいんだ。

そして手柄も失敗もすべて自分のせいにしたいわけよ。」

DSC_2864_20190727124226539.jpg

「ギターとか音楽っていうのが、自分をいつもどこか違うところへ連れてってくれるような

気がしてたのね。

それは今でも感じるから続けてる理由のひとつなんだけど、

何か変えてくれるような気がするんだよね」

インタビューが進むにつれて、九州弁が言葉尻にまざり始めたって、

書かれてました…

きっとインタビュアーさんもはきゅんだっただろうなぁ…

DSC_2865.jpg

この時のましゃは「蕎麦」に凝ってたみたいですね(笑)

”愛はどうだ”に出演中だったましゃは、緒形拳さんとのお話を

とっても楽しそうに話してました(*^^*)

DSC_2919_20190727124302817.jpg

「約束の丘/ふたつの鼓動」

DSC_2869.jpg

"Good night""はバラードの王道。

「俺ってこんな曲もできるのか。やるなぁ(笑)とか。

常に自分にとって新鮮なことをやっていきたいと思ってるから、

曲にしても今までにないパターンのものができると嬉しいね。」

DSC_2875.jpg

ライヴについて…「回数こなさなきゃダメだよね。

練習しすぎるぐらしすぎて忘れるっていうのが一番いいみたい。

みっちり練習して後は忘れる。

そうすると身体に残ってるもんだけで自然とやれるもんで。

練習って大事だよね。」 

ましゃのしっかり準備、練習する姿勢は昔から変わらずなんですよね~

DSC_2877_20190727124343b27.jpg

”愛はどうだ”の現場は「若い男は俺だけで、周りは若い女の子ばっかりで嬉しい」

ってコメントしてました(笑)

このドラマでは緒形拳さんと共演してた訳ですが…

「俺が日本人で好きな俳優さんは、緒形さんと田村正和さん。

ほら、二人とも自分のキャラくたーをもってるでしょ?キャラクターって大事。

芝居にしても音楽にしても。

実はその人の色ってあるようでないんだよね。」なんて話も(*^^*)

DSC_2878_20190727124404dc2.jpg

若い女の子が多くて嬉しいと言っていたドラマ現場での写真(笑)

ましゃ演じる矢沢くんと、つみきみほさん演じるかなえさんが

めでたく籍を入れたその後のお祝いのシーン……だそうです☆

あ~……ストーリー忘れてるなぁ、私(^^;

DSC_2879_20190727124420e33.jpg

切り抜きファイル【4】はここまで。 続き、またアップしますね~(*^^*)

スポンサーサイト



EDIT  |  23:13  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |