ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ 「Fine」
FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.10.14 (Mon)

「Fine」

本屋さんで、ババンと目に飛び込んできた表紙のましゃ(≧▽≦)

「Fine」 11月号です

DSC_7120.jpg

「一日中、身に着けていられるものがいい。
 福山雅治、ナチュラルに。」

「基本、モノトーンのスタイルが多く、春から夏は白デニムをはいてる事が多いです。

素材はストレッチが効いたもの。

服選びは、とにかく長時間ストレスなく着ていられるかどうか。

……たまに撮影でノンストレッチのパンツをはいたりすると、

”あぁ、血流が悪くなっている!”と思って、早く着替えたくなってしまうこともあります(笑)」

プライベートではないけど、最近のましゃはライヴもテレビも、

白デニムのイメージ……あの膝が破れてるやつ(笑)

伸縮性のある服が好きなのは、いつも言ってることですよね~(*^^*)

「なんとなく、着る人と服ってギャップがある方がいいんじゃないかと思っています。

たとえば白髪のおじいさんがTシャツにGジャンを着ていたり、

いかついお兄さんが可愛いロゴTを着ていたりしたら、

その意外性に魅力を感じます。」

…ってこととか、年齢とともに”自然体の大人像”が違ってきたこと、

「年齢を重ねてからの自然体っていうのは、あるがままではなく、

”意識的に自分に手間を掛けるようにする”ということが逆に自然体なんだと思います」

ってこととかも話していました(*^^*)

DSC_7167_2019101501104178d.jpg

 デニムジャケットの中に、白いパーカー(*^^*)

さわやか~(*^^*) やわらかい表情のせいもあって、可愛い~

そうそう、もちろん『マチネの終わりに』についての話もしてました☆

「精神的な部分で運命的に出逢い、

そして精神の深い部分で共鳴し求め合う男女の人生を描いた作品です。

様々な経験をしてきた成熟した男女が、お互いが生きていく上で必要不可欠な

存在に出会ってしまった喜びと苦しみ。その葛藤に僕はすごく惹かれました。」

クラシックギターを頑張って練習した時には、本当に大変だったけど、

「と同時に、ギターを始めた13、14歳の頃のギターに悪戦苦闘していた感覚を

思い出して、すごく楽しく頑張れました。」とのこと☆

シンガーソングライターとして続けて来れたのは「好きだから」。

でもその”好き”の感覚も、年齢とともに変わってきた、という話も、

ずっと続けてきたからこその言葉で、なるほどね~って読ませて頂きました☆

「今回映画でクラシックギターと出会えたことで、

改めて古典音楽やギターの基礎を学び直したいと思っています。

学び直すことで得たものを、これまでの自分の経験と合わせれば、

次なる表現につながるんじゃないか。

そんな風に、ワクワクしているところです。

だから今年の秋は、”50歳だからこその勉強の秋”になるでしょうね(笑)」

とのこと。

ましゃはこうやってさらに進化していくんですね~ はぁ~尊敬…(*^-^*)

 ちょっと久々? チェックシャツのましゃ

50代でもこうやって可愛く着こなせるのって、さすがですね~(*^^*)

……シャツのお値段は可愛くなかったですが(笑) それもさすがです(^^;
 
DSC_7171.jpg

スポンサーサイト



EDIT  |  23:07  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |