ブックマーク 現在の閲覧者数: 福山雅治 ~ましゃましゃ~ ましゃ切り抜きファイル【11】
fc2ブログ
2024年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2020.04.28 (Tue)

ましゃ切り抜きファイル【11】

ましゃの昔の記事を、こうやってブログアップしてると、改めて、

93年ごろの記事がめちゃ多いことに気付きます…

そしてやっぱりましゃが美しい……(*^^*)

これは、ツアーが終わった後の記事みたいです☆

「常に新しい試みをしていってるんで、気は抜けないですよ。

今回も『恋』って曲をピアノを弾きながら歌ったんですけど、

いや~慣れないことはやるもんないね。めちゃくちゃ緊張するもの。

ただ、ライヴに着てくれるお客さんというのは、

俺にとって一番大切な人だと思ってるから、

そこでしか見られないものを見せなきゃいけないと思うんで、

一丁頑張ってやろうと。」って話してました(*^^*)

ピアノ弾き語りの『恋』…この時の歌も聴いてみたかったなぁ……

感謝祭の弾き語り、見てるこっちも緊張したこととかも思い出しました(笑)

DSC_1939_20200418011559a6d.jpg

Panasonicのビデオテープの広告。

この時の価格、税別900円……ビデオテープ、高かったんですねぇ(^^;

DSC_1940_20200418011601f4d.jpg

こちらは”ARENA37℃”という雑誌の巻頭大特集☆

表紙はもちろんのこと、9ページ、写真もたっぷりでした~(*^^*)

NEW ALBUM「Calling」の頃です。

え~っと…「KISS AND KILL ME」の仮タイトルは、

「カミソリKISSでイチコロさ」だったそうですよ(笑) ←なんじゃそりゃ(笑)

「でも、女には勝てないと思って負けることにしたんだよ。

負けを認めたの、歌詞でね。

ここに登場する女は、イソギンチャク女。俺は食べられるプランクトン男なのよ」

…というこれまたよくわからない説明…(笑)

DSC_1941.jpg

アルバム収録曲、1曲1曲についてのコメントを抜粋してみました☆

 Calling…コンサート会場って、きっとこんな感じだとステキだなっていう気持ちで

書きました。正直にってことが、ひとつのテーマ。

 All My Loving…ライヴで盛り上がれる曲を書いてみようかと思って。

 Moon…”風はやがて、君の頬をやさしくなでるだろう”っていう歌詞が

一番気に入っている。

 言い出せなくて…もどかしさというか。 福山節とでも言いましょうか。(笑)

”ふざけて僕は飛び出す 雨の舗道に”に集約されてるんだよね。

地の福山に近いかなと(笑)

こういう気持ちにさせてくれる恋はステキだし、なくしたくないよね。

 KISS AND KILL ME…ここに登場する女性像は、小悪魔的な女性。

例えて言うなら、エッチ好きのオードリー・ヘップバーンって感じかな(笑)

 恋人…”君より傷つくのが 僕は怖かった”って歌詞があるんだけど、

怖いんですよ、僕は。

色々なことを言い出せないし、煮え切らない。女の子は気付いてるのにね。

 遠くへ…昔、長崎の”ブラック・ボックス・シアター””原楽器”とかで

演ってたなっていうのを思い出すわけ。

あの頃は本当にがむしゃらだったんだなぁって。

あの頃があるから、今があるっていうかさ。

夢に向かって走り続けるっていうか。 そういう気持ちを描いたんだ。

DSC_1942_20200418011618795.jpg

「(ライヴに)来た奴は逃がさんぞの世界で精いっぱいやるし(笑)

ステージって楽曲の良し悪しももちろんあるけど、それよりも気迫の勝負なんだよね。

女口説くのと同じみたいなとこあるわけ。

めちゃくちゃカッコいいとこはしっかり見せつつ、

でも俺ってこんなお茶目なとこもあるんだよの部分も見せると。

そういった駆け引きも面白さあるしね」って話してました☆

ライヴの見せ方は、この頃から変わってないんですね~(*^^*)

DSC_1943_20200418011635602.jpg

どうして「MELODY」というタイトルにしたの?という質問に、

「2人が出会って、恋をしていくうちに、いろんなことがあるわけじゃん。

寄り道とか回り道がさ。

それを刻んでいく、あぁそれが2人のメロディーみたいな(笑)

俺、誰でも説明なしでわかると思ってたのに、

みんなから”なんでMELODYなの?”って聞かれるんだよね。

ってことは、俺すっごく才能ないヤツみたいじゃん」

ってちょっとスネるましゃでした(笑)

DSC_1944.jpg

ましゃとSIONさんの対談記事☆(*^^*)

長崎から東京に出てきたましゃと、山口から東京に出てきたSIONさん。

音楽のために上京したけど、生活のためにバイトの日々で

歌ってる場合じゃない…そんな状況もとってもよく似ていた2人なので、

そんな話をしてました(*^^*)

SIONさん曰く「何してても絶対、制約や我慢って必要じゃない。

だから結局、どうせ我慢しなきゃいけないなら、好きなことのために我慢するのが

一番やっぱ体にいいよね」だそうです。

憧れていたSIONさんとの対談、ましゃもとっても嬉しそうでした(*^^*)

DSC_1945.jpg

「Calling」と「約束の丘」の広告ページ☆

私個人的に、「Calling」のこのましゃ、とっても好きなんですよね~(*^^*)

ポスターをましゃ友さんに頂いたので、枕元に貼ってます…

だいぶ色褪せてきちゃったんですけどね~

DSC_1946_20200418011656bc6.jpg

「ACT AGAINST AIDS」ライヴについての記事ですね~

ましゃは、原由子さんと小林克也さんと一緒に登場し、

「宵待草」・「この道」・「ソーラン節」を歌ってました☆

「ソーラン節」は振り付きだったそうで…

写真見たら、確かにましゃ、踊ってました(*^^*)

「声高にエイズについて啓蒙したんじゃない。

ただあれがきっかけになって、何かが始まればなと思って。

例えば、あの武道館の1万人の中で、

一人でもエイズに問題意識を持つ人がでればいいかなと。」って語ってました☆

DSC_1947.jpg

この記事では、やっぱりライヴが好きって話をしてましたね~

「色んな楽しいことがあるけど、でもやっぱりコンサートやってる時ぐらい、

盛り上がってベイベー状態になってるのってないから。

自分で盛り上がってるのが楽しいんだと思うよ。」とのこと。

DSC_1948_2020041801165982b.jpg

「ひとつ屋根の下」。

ましゃはクールで、あんちゃんはアツくて……(笑)

のりピー綺麗なお姉さんで、下の3人可愛くて…

懐かしい GW中に「ひとつ屋根の下」全部通して観直そうかなぁ…
 
DSC_1949_20200418011715d92.jpg

今日はここまで~(*^^*) 続き、またアップしますね~(*^^*)

スポンサーサイト



EDIT  |  23:17  |  福山雅治  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |